私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

生垣の植栽



2号室と3号室の境界に生垣の植栽をしました。

植えたばかりなのでまだ小さいですが、育って大きくなれば完全に目隠し植栽の生垣になります。

板塀よりもエコで、光合成で酸素も排出します。
生きた木でいい感じの目隠し。
竹垣ともいい感じです。

アパートの入り口メンテナンス



もうすぐ梅雨に入るとの事で、問題のアパートの入り口メンテナンスをしました。
目の前が狭い道路に面していて、以前は車がすれ違う時に、アパートの入り口に乗り入れた車が土を削って掘り返して、雨が降ると大きな水溜りが出来ていました。
そこに乗り入れられない為にモチノキを植え、道路沿いに暗渠排水を設置しましたが、掘ってみると大きな木材が地面に埋まっていて、半分地面から出ている暗渠になっていました。

少し前に排水パイプを凹ませたり歪ませたりして施工し、その問題を解決して、今は普通の雨では水溜りにならなくなりました。
強い雨が降ると道路からの排水も加わって水溜りができますが、雨が弱まると水溜りは消えて行きます。


今回は、溝の土を上げ、竹で新たに枝を入れて剪定枝を入れ、土を薄くかけて行きます。
車も出入りしますので生垣の剪定枝をマルチングして、入り口付近に芝生を貼りました。
芝生養成のため、本当は車の出入り禁止にしたいですが、配達やら集金やら、親の介護の車が来ます。お客さんも来られます。
でもその内車の出入り禁止にするかも知れません。
実は密かに中庭にしたいと思っています。
でも隣のアパートとの兼ね合いや、荷物の積み下ろしに車が入れた方が便利との意見もあり、現実は難しいです。

でも少しずつ、理解も得ています。
モチノキの周りではヒメジョオンが花盛りです。 リピアも花盛りです。

木を植えて、ベンチでも置いて、お隣のアパートとの共有の中庭ができれば、ホントにいいだろうなと思っています。

エコ住宅greenfingers トークイベント@明石市



昨日、今日と、エコ住宅greenfingersでは天然住宅さん主催の見学会とトークイベントを開催させていただきました。
関東方面で実績を持つ、自然派住宅の建築設計事務所さんです。

greenfingersを設計していただいた、山田さんの新しいお仲間さんたちです。
はるばる東京から数人のスタッフさん達も来てくださいました。
代表の相根さんとも初めてお会いし、いろいろと面白いお話しも聴けました。
最先端のところを行ってる方は、目の付け方も考えも、すごく面白くて勉強になります。
穏和な柔らかい感じの方でした。




スライドでもありますが、現在、世界では1分間に約東京ドーム2個分の森林が無くなっています。

森を守る運動やエコ住宅、CO2削減の取り組みも穏やかに広がってはいますが、まだまだ、現実は厳しい環境に立たされています。

どうすれば、自分たちの「生活」が、環境に優しい暮らし方になるのだろう?
いろんな人が考え、世界中でもいろんな動きやイベント等もあるようです。

自分たちには、自分たちの出来ることを。

参加していただいた方とも、お庭の話しや環境の話しなどできて、良かったです。

岡山や淡路、四国方面からもお越しいただいて、遠方から、ありがとうございました。


エコ住宅 greenfingers 見学会&トークイベント@明石



エコアパート greenfingers からのお知らせです。

住宅環境に安心を、という事で古い文化アパートを建て替える時、kayagreenが賃貸住宅を考えると、という機会に恵まれて建てたアパートです。
化学物質過敏症の方でも安心して住める環境。
また、化学物質過敏症でなくても、親も子供も安心して眠れる住宅環境を考えて創りました。

建築設計していただいた、山田知平さんも大病を乗り越えられた様子です。
greenfingersとしても、もっと住宅環境も含めて、庭と住宅環境の事を考える機会があれば、という事で、今回の「見学会&トークイベント」会場提供をお受けしました。

今後、いい流れで「住環境」を新しく提案していけたらと思います。


参加希望の方は、3/15(木)までにお申し込みください。
お電話またはweb、E- mailにてお願いします。


参加費 無料

電話078-570-5653
メールinfo@tennen.org
web http://tennen.org/event
「天然住宅」さんまで。
日時
3/17(土)14:00〜
3/18(日)10:00〜


トークイベント「くらしをたのしむ ライフスタイルのご提案」

出席者
相良昭典 一般社団法人 天然住宅 代表
山田知平 天然住宅 関西オフィス greenfigers 設計者
栗熊伸明 greenfingers エコアパート 発案者 kayagreen 代表

*kayagreenにお申し込みいただいても正式な申し込みにはなりませんので、必ず「天然住宅」さんまでお申し込みください。
*お問い合わせはkayagreenまでお気軽にお問い合わせください。


では、お会い出来るのをゆるりとお待ちしています。

赤い火のあるくらし∞灰は悪を救う

去年の旅な生活がちょっと一段落して

 

ゆったりと

 

家の中のことに気をむけることができる

 

一日があることに感謝

 

今年の冬は火とたくさん向き合えました

 

ちょっぴり乾きの悪い薪も

(やっぱり薪置き場に屋根は必要ふふっ。ふふっ。

向きや組み方

空気の量なんかで

調節するのが楽しいえへ

 

 

いままでは畑に蒔くくらいだった灰ですが

いろんなことに利用しはじめています

 

その中のひとつが

ストーブのガラス窓のススのお掃除

 

水でぬらしたティッシュか布に灰をつけて

 

ビフォー

 

半分だけ拭いてみた アフターきき

 

実は毎回感動してしまうこの結果 笑

 

わかっているのに

 

すご〜い!となってしまいます

 

 

 

薪ストーブと赤い火のくらしが楽しめる

 

エコアパートの入居者さま 現在も募集中

 

☆神戸まで30分、JR大久保駅から徒歩10分、大久保インターまで車で5分

 

☆シックハウス症候群、化学物質過敏症、花粉症の方も安心して住める化学物質を極力排除した建物

 

☆目の前にマイ畑!思い立ったらすぐに家庭菜園

 

☆大家さんはちょっと変わったオーガニック造園屋さん、畑のあれこれ聞いてみよう

 

☆現在空室のお部屋にはこれから薪ストーブ設置、デザインや仕様の相談が一緒にできます!(設置する場合別途経費がかかります)

 

☆無垢のフローリングと漆喰の壁、和紙の天井で音の響きが良い 音楽好きにはたまりません♪

 

☆パッシブデザインという日当りや風通しを考慮した建築デザインで快適な湿度と気温

 

☆居心地よくてお客さんがなかなか帰らない∞家飲みが増える!(オプションです:住むヒトの性格による)

 

☆家賃はちょっと高めだが(2LDK畑つきで11万8千円と管理費5千円)これを機に何にお金を払うかという意識の見直し

→よっしゃ住んだろか!というヒトが多くいると2期目が建設されます

 

☆ベランダからは明石海峡大橋が小さく見える

 

☆よく眠れる(大家比)

 

などなど

 

魅力がたっぷりのエコアパート入居者さま募集中です!

 

 


| 1/53PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM