私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

アパートの入り口メンテナンス



もうすぐ梅雨に入るとの事で、問題のアパートの入り口メンテナンスをしました。
目の前が狭い道路に面していて、以前は車がすれ違う時に、アパートの入り口に乗り入れた車が土を削って掘り返して、雨が降ると大きな水溜りが出来ていました。
そこに乗り入れられない為にモチノキを植え、道路沿いに暗渠排水を設置しましたが、掘ってみると大きな木材が地面に埋まっていて、半分地面から出ている暗渠になっていました。

少し前に排水パイプを凹ませたり歪ませたりして施工し、その問題を解決して、今は普通の雨では水溜りにならなくなりました。
強い雨が降ると道路からの排水も加わって水溜りができますが、雨が弱まると水溜りは消えて行きます。


今回は、溝の土を上げ、竹で新たに枝を入れて剪定枝を入れ、土を薄くかけて行きます。
車も出入りしますので生垣の剪定枝をマルチングして、入り口付近に芝生を貼りました。
芝生養成のため、本当は車の出入り禁止にしたいですが、配達やら集金やら、親の介護の車が来ます。お客さんも来られます。
でもその内車の出入り禁止にするかも知れません。
実は密かに中庭にしたいと思っています。
でも隣のアパートとの兼ね合いや、荷物の積み下ろしに車が入れた方が便利との意見もあり、現実は難しいです。

でも少しずつ、理解も得ています。
モチノキの周りではヒメジョオンが花盛りです。 リピアも花盛りです。

木を植えて、ベンチでも置いて、お隣のアパートとの共有の中庭ができれば、ホントにいいだろうなと思っています。

エコ住宅greenfingers トークイベント@明石市



昨日、今日と、エコ住宅greenfingersでは天然住宅さん主催の見学会とトークイベントを開催させていただきました。
関東方面で実績を持つ、自然派住宅の建築設計事務所さんです。

greenfingersを設計していただいた、山田さんの新しいお仲間さんたちです。
はるばる東京から数人のスタッフさん達も来てくださいました。
代表の相根さんとも初めてお会いし、いろいろと面白いお話しも聴けました。
最先端のところを行ってる方は、目の付け方も考えも、すごく面白くて勉強になります。
穏和な柔らかい感じの方でした。




スライドでもありますが、現在、世界では1分間に約東京ドーム2個分の森林が無くなっています。

森を守る運動やエコ住宅、CO2削減の取り組みも穏やかに広がってはいますが、まだまだ、現実は厳しい環境に立たされています。

どうすれば、自分たちの「生活」が、環境に優しい暮らし方になるのだろう?
いろんな人が考え、世界中でもいろんな動きやイベント等もあるようです。

自分たちには、自分たちの出来ることを。

参加していただいた方とも、お庭の話しや環境の話しなどできて、良かったです。

岡山や淡路、四国方面からもお越しいただいて、遠方から、ありがとうございました。


赤い火のあるくらし∞灰は悪を救う

去年の旅な生活がちょっと一段落して

 

ゆったりと

 

家の中のことに気をむけることができる

 

一日があることに感謝

 

今年の冬は火とたくさん向き合えました

 

ちょっぴり乾きの悪い薪も

(やっぱり薪置き場に屋根は必要ふふっ。ふふっ。

向きや組み方

空気の量なんかで

調節するのが楽しいえへ

 

 

いままでは畑に蒔くくらいだった灰ですが

いろんなことに利用しはじめています

 

その中のひとつが

ストーブのガラス窓のススのお掃除

 

水でぬらしたティッシュか布に灰をつけて

 

ビフォー

 

半分だけ拭いてみた アフターきき

 

実は毎回感動してしまうこの結果 笑

 

わかっているのに

 

すご〜い!となってしまいます

 

 

 

薪ストーブと赤い火のくらしが楽しめる

 

エコアパートの入居者さま 現在も募集中

 

☆神戸まで30分、JR大久保駅から徒歩10分、大久保インターまで車で5分

 

☆シックハウス症候群、化学物質過敏症、花粉症の方も安心して住める化学物質を極力排除した建物

 

☆目の前にマイ畑!思い立ったらすぐに家庭菜園

 

☆大家さんはちょっと変わったオーガニック造園屋さん、畑のあれこれ聞いてみよう

 

☆現在空室のお部屋にはこれから薪ストーブ設置、デザインや仕様の相談が一緒にできます!(設置する場合別途経費がかかります)

 

☆無垢のフローリングと漆喰の壁、和紙の天井で音の響きが良い 音楽好きにはたまりません♪

 

☆パッシブデザインという日当りや風通しを考慮した建築デザインで快適な湿度と気温

 

☆居心地よくてお客さんがなかなか帰らない∞家飲みが増える!(オプションです:住むヒトの性格による)

 

☆家賃はちょっと高めだが(2LDK畑つきで11万8千円と管理費5千円)これを機に何にお金を払うかという意識の見直し

→よっしゃ住んだろか!というヒトが多くいると2期目が建設されます

 

☆ベランダからは明石海峡大橋が小さく見える

 

☆よく眠れる(大家比)

 

などなど

 

魅力がたっぷりのエコアパート入居者さま募集中です!

 

 


くらしのなかの生き方におもうこと

最近思っていること、つらつらとこの場を借りて書かせていただきます。

アパートのこととは直接関係ないといえばないのでご興味のないかたは、ぜひぜひとばしてくださいませ。


いろんな、怪しい法律やら、暗黙の了解やら、闇や裏の権力
もっと解りやすくいったら原発のこと政治のこと、などとなりますが、
それすらもいい、わるいや責め立てることなしに解決していったり、尊重していったりすることって
できないのかなー、と思う。

世の中の基準っていったいだれが決めたんだろう、と思います。
いろんな人の教えや発信をわたしなりにキャッチしてきた、その途中で
今わたしが中心に据えようとしているのは、
マクロビオティック、子宮委員長はるちゃんの考え方、ライオンあくび体操です。

もっと他にもあるんですが、今現在はこの3つが大きいかな。

じぶんなりに答えを持ち、考えるようにしながら
ご縁をいただいたライオンあくび体操をするようになって
体だけでなく、心にだいぶゆとりが生まれました。

今、週に何日か電車通勤しているのですが、
以前は朝ばたばた出て行ってイライラして
電車通勤のせいで自分は気分が悪い、と思っていました。
ふと気づいたある日、同じ急ぐにしても
今自分はどれくらい急いでいてこれくらいの時間に駅に着きたいから
このくらいのスピードで歩く、と自分で決めた
と、しっかり意識して行動してみました。

食べる物も、着るものもこの感覚で選べたらいいですが
まだハードル高し…あ、これはやく食べないと痛んじゃう、
とかまだあたまが先行することあります。
着るものも思い切って本当に着たいもの選べてないです、ま少しずつですね。
幸い住む所はぜいたくに心地よい場所を与えてもらっているので
あとはもっと整えていく時間を捻出していこうと思っています。



ひとまず、わたしの生活でストレスが生まれる瞬間は人に合わせてしまう時だ、と判明しました。
加えてわたしはけっこうなんでもやることが遅いんですが、
そのことで自分で自分を責めてますます遅くしていることに気づきました。

人にあわせなければならない、合わせる必要がないときをしっかり意識して、
合わせるけどこのぐらいのスピードでやるのが気持ちいい、と自分で意識するようにしてみました。

毎日する何千、何万という選択の中のひとつでも多く自分の希望を叶えてあげたら
細胞は喜ぶし、これは幸せになれるよね、と思います。

まだ失敗だらけだけど、続けていきたいと思っています。

世の中のすべての人がまずは自分自身がしあわせにならなかったら、日本、世界、地球のしあわせはないと思います。


ちょっと話はとぶように見えますが、わたしはずっとカンタティモールを上映する場をつくりたいな、と思っています。
それは、映画の中にでてくる

人間は過ちを犯す、大地は知っている、ぼくらは裁かない、それは神の仕事といったフレーズが出てくるのですが、
東ティモールの人が生きた生き方、裁かず、復讐せず、ただ祈り、生きる、自分達がどう生きたいかということを
話して行くあの生き方にたくさんの人に触れて欲しいし、この映画は日本を平和に導いてくれるような気がしてならないから。

原発や戦争が嫌だという価値観をいうとき、アメリカに従い、武器戦争をして私欲をこやしたいという価値観のその人のこころの奥までわたしたちが知ろうと思わなかったら、平和はないんじゃないかな?
なぜ、彼らは自然に囲まれた素朴な暮らしが嫌なのか、お米じゃなくてお金じゃないとだめなのか?
そのこころの奥の奥。どうして優位に立つことがしあわせで嬉しいのか?

そこのところ、わたしたちはただいやだ、いやだって主張して声をあげても
むこうは攻撃されていると思うだけで、こころの扉は開かないと思う。

彼らがあのようなこころになった答えは、日々の生活や台所にあるんですよね、きっと。


みんながあたたかなこころになって日々何万とする選択のひとつひとつがしあわせになったら

こおりはとける

だからまずはじぶん


そんなひとりごとでした◎ (か)
 

☆ 兵庫県明石市のエコアパートでは現在入居者募集中です。☆

自然素材と地元の木を使って建てた畑付きエコアパート

・2LDKでシェアや家族、在宅ワークにもぴったり

・アレルギーの人でも安心して住める深呼吸したくなる家

・都会にも田舎にも近いどっちも楽しめるよくばりなロケーション

・メゾネットだからアパートだけど気分は一戸建て

・駅(JR大久保駅)まで徒歩10分、駐車場当面無料

・薪ストーブ設置可能

・家賃(共益費込み)12万円/月

くわしく知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで

☆内見も受付中!

10月の内見ご予約受け付けています。

お気軽にお申し込みください。


最近の畑

アパートを計画した時
目の前だから、ぱっと出てすぐできるから、
ということでアパートの前に畑をつくってもらいました。
 
6帖くらいですが、動線とかいろいろ使っているうちに変えたくなってきて
いろいろ、変わり目に形変えたりしています。


同じアングルでないのが申し訳ない
定点観測の大事さ思い知りました。
次からベランダより定期的に撮影していきます。

こちらは去年2014年4月ごろです。
まさ土と砂とバーク堆肥、薪ストーブの灰、米ぬか
まだ草も生えてなくて心細いスタート。

そんななか、けなげに芽をだしてくれました。


途中がないんですが、
はじめのころはこんな感じでスタートして、どうなるかなあと心配
三つ葉やパセリは発芽が遅くて、ああ失敗したんや、と思ったけど
冬をこしてから続々と
パセリは今年少しですが種も採れました。



こちらが今日の夕方撮った写真。
もう大根や人参の種を蒔きたいのですが…

畑の6割ほどを占領している小豆はこぼれ種から。

冬に夫が枯れ葉をたっぷりすきこんでくれたり、

水はけが悪かった場所に竹と炭を埋めたせいか(大地の再生講座で習ったやりかた)
去年も小豆をまいたのに全くボリュームが違います。
去年は10本〜15本くらいの苗でこれ以下だったのに

今年は3〜4本の苗なんです。

今畑にはえてる野菜は、生姜、里芋、ねぎ、小豆、ごぼう、ゴーヤ、レモンバーム、デイジー、ラベンダー、三つ葉、人参、えびす草、ユキノシタ、よもぎ、いちご、マリーゴールド、と思い出すかぎりでは、あとなにかあったかも。
まだまだ蚊が多いのとナメクジの数もだいぶマシですがいるので(どちらも風通しがよくないところに多い)
もっと大地を豊かにしていこうと思っています。
じつはこの小さな畑の中に稲もこっそり育てています。
来年どこかで田んぼを貸してもらえることを夢見て。
殆ど陸稲状態で思い切って育ててみましたが、分けつは少ないものの1本1本実って、
穂を垂れてくれました。
うれしい!
この秋と冬はもっともっとよくなるようにやってみよう!  (か)

☆ 兵庫県明石市のエコアパートでは現在入居者募集中です。☆
自然素材と地元の木を使って建てた畑付きエコアパート

・2LDKでシェアや家族、在宅ワークにもぴったり
・アレルギーの人でも安心して住める深呼吸したくなる家
・都会にも田舎にも近いどっちも楽しめるよくばりなロケーション
・メゾネットだからアパートだけど気分は一戸建て
・駅まで徒歩10分、駐車場当面無料
・薪ストーブ設置可能


くわしく知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで

☆内見も受付中!
10月の内見ご予約受け付けています。
お気軽にお申し込みください。

エコアパートはほんとうにエコか?




我が家の今月の電気代(2015年)です。
集計期間が25日くらいでそのうち4日留守にしていましたので、実質20日くらいですが
このアパートに住んでから一番安い請求書だったかもしれません。
特に節電を意識せず生活していますが、
今月はイベントなどもやらず、二人とも多忙で
来客がほぼなかったこともあり、生活で使う電気のみ。

7時半くらいまで、明るく過ごせるので(ここ、パッシブデザインの光の入り方のポイントですね。)
室内灯を使う時間が短いです。

無理せず、電気の使用量を見て行きたいと思います。(か)
 

アパートの床下点検


今日は、エコやbaobabさんのスタッフさんが来て、1年目の床下点検。
キャスターがついている木のボードにおなかを載せて
クロールしながら床下の隅々まで点検。
写真も見せてもらい、異常なし!

この時、シロアリ点検もするそうですが、エコやさんの建物で発見されたことは
いまだ、ないそうです。
シロアリの好物は日本の木より、外材なのです。

kayagreen的には、建物の周りに黒蟻がいることが望ましいです。
シロアリを食べてくれる天敵なんですね、黒蟻は。




建具や床板、外周も点検していただき、いろいろと質問もできて

また、家への愛着が沸いてきました。

建具はこの1年でかなり乾燥して縮んでいるとのこと。
お風呂場の近くは湿気が気になっていたので、意外でした。
木の建具は、時々この縮みをメンテナンスするそうです。

最近忙しくて掃除のさぼりぐせに磨きがかかっているので
おそうじ時間もっと捻出しよう!

次の点検は3年後とのことです。
おつかれさまでした。
ありがとうございます。 (か)

住みながらレポートその9 エコアパートの光熱費などってどうですか?

光熱費とかのお話しです。

1年住んで我が家の光熱費は月平均1万円前後です、大人2人暮らし

内訳は、・電気2,000円〜4,000円(エアコンを使用しない時期は2,000円を下回ることも)

    照明、お風呂やガスのスイッチ、テレビ(1台、毎日2時間くらい)パソコン、外の門灯(感知式でタイマー設定)、冷蔵庫、エアコン、電気ストーブ、掃除機

    ・都市ガス4,000円〜7,000円 (弱火でコトコトのお料理とお風呂の追い炊きが多かった月は少しかさみました)

    ガスはキッチンのコンロとお風呂です

    ・水道3,000円前後

     洗濯、お風呂、調理です、畑はお風呂の残り湯を利用しましたが、夏野菜と生け垣のブルーベリー以外は

     水をやらずに育てました

     我が家は、夫の仕事と私も田畑で土いじりするため、泥んこ服と通常服で普通の家庭より洗濯回数が多めです

     その他に、冬の暖房は朝出掛けるまえのすこしだけ、などにファンヒーターを使用

     この冬は灯油を40L(タンクに2回)購入しました、一日家に居る時は薪ストーブです、二階にいるときは電気ストー     ブ、就寝前にエアコンをつけることも



どれも、けちけちせず、2人で普通に使ってこの料金です



その他に引っ越してから変わったこと、アパートのすみごこち



家が居心地がいいので、早く家に帰りたい

行く場所を厳選するようになったので、レジャー費は無駄に使っていないと思います

音の反響が気持ちいいので音楽を聴くのが楽しい、でもそれすらもいらないときもあります

野菜は少しずつ育ててますが週に一度は何かしら畑のものを口にしています

夏は、大葉やパセリ、きゅうりなどは、全く買いませんでした

スーパーの値段で計算すれば一週間500円ほど、多い時で1,000円くらいは家でとれたものでまかなえているように思えます



買い物の時によく考えるようになりました

バオバブさんにもアドバイスいただいたのですが、せっかく自然素材なのでできるだけ合板のものなど使わない家具を、と



持っていたカラーボックスなどは持ち込まず、アイアンラックなどで接着材など有害なものを使用している可能性のあるものを選択肢にいれないようにしました

いつかてしごとの心のこもった職人さんの家具を厳選して揃えたいです




あと、床があまりに気持ちよいので、我が家にスリッパはないです


トイレもスリッパ無しで入れるのが気持ちよくて気に入ってます



また気づいたことレポートします

入居をお考えの方の参考になれば幸いです (か)













住みながらレポート その8




苔玉に生えた草のうらに「てんとう虫」が停まっていました!

はい、家の中は暖かいです
冬だから、朝起きた時や夜中はそれなりに寒いですが
薪ストーブやエアコンをつけていないときでも
室温は10℃を下回ったことはありません
そしてすきま風がまったくないです(新築だからあたりまえかー)
木の動く幅がまだあるため、障子のところ、すこし隙間あったり
ドアも少しまだうごくのですが、でも室内のなかのことなので

前の古い木造アパートは、地震でできたすきまと、断熱材が入っていなかったので
朝は2℃だったそうです
だんなさんが温度を細かくチェックしていました!

暖房してないと寒いといっても、少し着込んだり、膝掛けでしのげるレベル
リビングは、それでもすこし暖房つけたいな、と思いますが、
夜はよほど冷え込む日でないかぎり
2階の二部屋(6畳)は戸を閉めたらほんわか暖かいです
昼は南側の部屋は、ほぼ暖房いりません
暖房、つけるとしてもちいさな電気ストーブでぽっかぽか
いままで、電気ストーブって半径1mくらいの近くにいないと
恩恵が享受できないイメージがあったけど
こんなに広範囲を暖めるのは高断熱だからでしょうか
なので、薪ストーブを焚かなかった日は、早めに二階にいけば
光熱費の節約になることがわかってきました

とはいえなんやかんやと一階にいる時間が長いので
もうすこし時間の使い方を工夫したいところです(わたしの場合)
薪ストーブは、やきいもやおもち、りんごチップスをつくるのに活躍中
ガスを使う頻度ももう少し減らせたらいいなあ
七輪と併用したらうまくいくと思うのですが
炭を取り出すタイミングを考えねば
実験してみよう
薪ストーブ、温度が安定するまで30分くらいかかるので
朝は使っていないのですが
ごはんと味噌汁を薪ストーブでつくりたいです
真っ赤な火はエネルギーをいっぱい受け取れる氣がします
今年は、お味噌用の大豆は薪ストーブでことことするつもり
自分の都合でなく、おひさまや天気に合わせて
臨機応変に動けるように暮らしていきたいです(か)

 

住みながらレポート その7


午前6時

キッチンに居て
あまりの明るさに電気消し忘れてたかと思い
階段を見上げたら




天窓からの明かりでした

光があちこちにあってきれいです (か)

 

| 1/3PAGES | >>

calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM