私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

明石だこ!


明石市のいい所は明石駅前の魚の棚で新鮮な明石だこが買えるところです。

明石海峡でとれるタコは「日本一」と言っていいくらい美味しいのではないでしょうか。
明石海峡は潮の流れが速いので身が引き締まっているのだとか、
とにかく美味いです。
一度食べてみてください。

明石市以外からも買いにくる方も多くて、土日は商店街が大にぎわいになりますよ。

足1〜2本から売ってますので、一人暮らしや夫婦だけの家庭でも安心ですね。

ついでに木村屋の明石焼も有名です。
(の)

明石市は涼しい!そして広い!明石市の魅力(序編)

私は日頃、仕事で神戸市に行く事が多いのですけど、
明石市から車で国道2号線を東にずっと走って行くと、須磨の辺りからぐっと気温が上がるのを実感します。

まず車の交通量がぐっと増える(排気ガスが多くなる)。
街並みにスペースが無くなる(ひしめき合って住宅が並んでる)。
当然、人口も多い。
一人あたりに割り当てられる住宅の面積が狭い。

神戸市に行くのに少し億劫になるのは空気のピュア感と人口密集がもたらす雑多感かもしれません。

神戸市も明石市も夏場、海風が吹いて京都や大阪よりは涼しいのだけど、
神戸市と比べるとやっぱり明石市の方が涼しいですね。

神戸市の方が情報量が多いし、マトモな本屋さんもあるのだけど、明石市がもっと神戸市に負けないくらい面白い街(これ以上人口密度が高くならず、面白い人達がいっぱい住む街)になったら良いなと、思います。

明石市にも魅力的な所がたくさんあるので、おいおい紹介して行きますね。(の)

| 1/1PAGES |

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM