私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

パーマカルチャーを考える

今回のエコアパートプロジェクトの根幹となるキーワードがあります。
それはパーマカルチャーです。

パーマカルチャーの根本概念は、
・環境への配慮
・人への配慮
・フェアな共有
・伝統の再発見
・自然のシステムをよく観察し生かす事
・その土地の特性を生かした適性技術の融合
とあります。

「花園荘」の設計者、ビオフォルム環境デザイン室の山田貴宏さんによれば、
例えば。生態系はたくさんの生命体で構築されており、多用であり、たくさんのバックアップ機能があり、自己調節機能を持ち、自ら生産するもので自らを賄っています。生態系は自らの内部で物資循環、水の循環、エネルギーの再生を行います。汚水を出しません。
我々の現代の生活のシステムはあまりにも単機能だけに特化した構造になってしまっています。特に都会ではそうです。しかもその機能をコンビニなどに「外注化」して辛うじて我々の生命は維持されています。
また、循環の仕組みもありません。一方的に水、エネルギー、食料を外部から運び込んで都市を維持させているのです。(畑がついてるエコアパートをつくろう、より抜粋)

自然には無駄が無く互いに関連し合って共存している、人間もその一部であるということ、
自然は自然に任せると良い方向にしか働かないということ、
ともすれば忘れがちな、でも当たり前な事をもう一度再確認しながら、都市の集合住宅を考えてみたいと思いました。

また、NPO法人パーマカルチャーセンタージャパンの信楽清和氏のブログも紹介しておきます。

興味のある方はぜひ読んでみてください。
パーマカルチャーについてはこちら

信楽清和氏のブログはこちら(の)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM