私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

出来るのは、古くて新しい家

かつてターシャ テューダーが
自身の庭に息子セスに建ててもらった家は18世紀の工法を使ったものだそうです。
ターシャはその家を「古くて新しい家」と呼んでいました。

greenfingersがエコやBaoBabさんと伝統を守る職人さん達に造って頂くのは、
まさに古くて新しい家。
エアコンや床暖房など時代と共に流行り廃りや次々と買い換えを要求される付属品(と、いうのかな?)が必要のない住まいです。
昔からあるもの、
家のつくり、
土地の気候、
流行に左右されない素材、
それらを味方に付けてつくる家です。

太陽光発電にすら疑問を投げかける…
なぜなら、エネルギーは住む人の工夫で消費を抑えられるのだそうです。
器、すなわち窓の位置や屋根の角度などが正確な配置てあれば。

エネルギー消費についてのお話を
エコやBaobabさんに伺ったときは
とてもびっくりして
なおかつワクワクしました。
住んでいるだけで環境負荷を減らせる
そんな家です。

そのお話はまたあとで (か)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM