私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房Xgreenfingers エコアパート

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

カボチャのトマトソースパスタ[ヴィーガンレシピ]



頂きもののカボチャをパカっと切ると、ふわっと凄くいい香りが・・・。
畑のお手伝いをしたお礼に頂いた手づくり野菜です。
種もぎっしりでホントに命そのものですね。
種はスプーンでくり抜いて取っておきます(次に使えるのかな?)。

カボチャは皮についた土をサッと洗い流します。そんなに丁寧には洗わない。なにせ十何年も無農薬の耕作放棄地だった畑の土なので、土も多少スープに混ぜたい。
そしてニンニクと玉ねぎとカボチャとキャベツとニンジンを中華鍋で炒めて塩胡椒。
火がそこそこ通ったら、そこにトマト缶(紙パックのやつ)を入れて煮込みます。
今回は昼間、仕事中にノコギリで足を切ってしまい、出血もそこそこしたので鉄分も補給したい事もあり、中華鍋で全部作ります。

水を足してカボチャに火が通るまで煮込んだらパスタ一皿分だけ中華鍋に残して残りを別の鍋に取り置きしておきます。
中華鍋のトマトスープの中にパスタを入れて茹でます。
茹で上がる頃にはスープもいい感じに麺が吸ってくれて、あとは塩胡椒、カレー粉少々、唐辛子、ソースで味付けして完成です。



カボチャねっとりしてて、めっちゃ美味しいです!
トマトソースにも合います。
明日はシンプルに焼いて食べてみようと思います。その方が美味しいかも(笑)。

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM