私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

心地よい=安心安全

心地よいという感覚は本当に人それぞれですね。
私は毎日、外で庭仕事をしていますので、冬は寒くて、夏は暑いのが当たり前になってます。
過酷な環境に毎日居るのですが、自然に触れているだけで心地よさを感じたりするんです。
人間の身体ってすごく良くできています。寒ければ毛穴を閉じて暑ければ汗をかきかす。
2度〜35度の気温では衣服を工夫すれば屋外でも快適に活動できるようになっています。

余談が長すぎましたが、
今回のエコやbaobab山田知平さんのお話しは、心地よい=安心安全です。
________________________________

さて、今日のテーマは、
心地よい=安心・安全
です。

快適性を定量化する方法がありますが、
それをもって、心地良いと言うのも憚られる気がします。

良く知られている指標として
PMV(予想平均温冷感申告)(※1)があります。
温熱6要素(気温・湿度・気流・熱放射・代謝量・着衣量)をから、
熱的中立に近い状態において、大多数の人が感じる温冷感の平均値をもとに、
人体の熱負荷に基づいて算出したものらしいのです。

なんだか、煙に撒かれたような説明ですが、
各個人の感覚を、無理やり導き出した平均値で比較される。
快適だね!そうだろう!みんなも、そう言ってるよ!理論です。

私自身、機械的に管理された空間や光や風に
違和感を覚えるのも事実です。

夏大好きの汗かきの私は、
少々汗ばんでも平気ですし、
着衣量は少ないのが好きです。

厳密に言うと、快適と心地良いの定義も違うのでしょうが、
ここでは、体と心が気持ち良いと感じることとして論じたいと思います。

では、この心地良さをはかる尺度は有るのでしょうか?
それは、各々が持つ感覚以外には無いと思います。
公共の場で求めることは我侭になると思いますが、
そのひと、その人が、毎日の疲れを癒してくれる空間、
そして、心の鎧を脱げる場所が持てれば、
そこが、心地良い場所だと思うのです。

確かに、気温や湿度などなど大切な要素かもしれません。
それより重要な部分が見えてきたように思えませんか。

立派な最新機器に管理された住宅を手に入れると心地良くなるのでしょうか。
心地良くなる暮らしが想定できて、自らが癒される住宅を創るから心地いいんですよ。
望むライフスタイルがあるから快適であって、
素晴らしい空調管理がライフスタイルを豊かにしてくれないんですよ。

家創りのスタートを間違ってしまうと、ゴールはもちろん違うところに行ってしまいます。
ハードも重要ですが、ソフトをしっかりと見据えないと
今の話題や流行に踊らされ、住宅メーカーや機器メーカーの術中にはまり、
集中治療室(※2)のような空間に寝起きすることになるのです。

何のため、誰のため、家を手に入れたいのか。
そこには、どんな暮らしがありますか。
夢や希望、家族の笑顔や明日が見えてきましたか。

では、始めて下さい。
その暮らしや夢を実現するために行動を起こしてください。

漠然として、おぼろげで、雑多なイメージのもを
あぶり出し、相談できる家造りのパートナーにぶつけてみて下さい。

あなたの想いを具現化し、
住まいとしての安全・安心を当然のように織り込み、
自然に呼応するプランを一緒に考えて行く作業が
楽しく感じる日々を得ることが出来るでしょう。

家造りの主役は、あくまでもお施主様です。
他人任せでは、他人の家になります。
お分かりですよね。

PMV(予想平均温冷感申告)(※1)
デンマーク工科大学のファンガー(P.0.Fanger)教授が、
1967年に快適方程式の導出を発表し、
これを出発点として人体の熱負荷と人間の温冷感を結びつけた
温熱環境評価指数PMV(Predicted Mean Vote,予測温冷感申告)
およびPPD(Predicted Percentage  of Dissatisfied,予測不快者率
(その温熱環境に不満足・不快さを感じる人の割合)) の提案をしている。
これらには多少議論もあるが、ISO7730(1994)ともなっている。


集中治療室(※2)
集中治療室では一般には「病棟で重篤な症状を表した患者」
「救急患者のうち継続的な状態管理が必要な患者」
「手術後に高度な状態管理が必要な患者」などを受け入れる。
血圧、呼吸、酸素飽和度などの24時間モニタリングを実施する。
________________________________

集中治療室のような家に私は住みたいとは思いません。

greenfingersエコアパートは建設地域の年間を通しての気候を考慮し、自然の風通しや日照を工夫して、地域気候を上手く室内に取り入れた設計になっています。

心地よい室内、人それぞれの心地よさを一歩深めて追求したエコアパートです。(の)

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM