私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

美味しい空気とシックハウス症候群と健康について2

いきなり余談ですが、先日、久しぶりの夫婦揃ってのお休みがとれたので、二人で城崎温泉に行ってきました。

年が明けたら、ちょっと仕事も落ち着くやろから、温泉に行こう、行こうと言いながら、全然忙しくて、3月になってしましました。

よし、行くなら揃って休みの今しか無い!

そんでもって、

楽天のセールでなんと!
「普段の半額で温泉宿に泊まれるで!」
「行かなあかんやん!」

という訳で和室の部屋を予約して、るんるん気分で温泉宿へ。

着いた部屋は確かに和室。
畳が敷いてあり、障子があったりでビジュアル的には和室でした。

でもね、鉄筋コンクリートの建物で、室内の壁には壁紙が貼ってありました。

開けちゃいけない、という窓を全開にし、円山川のフレッシュエアーを室内に入れてなんとか一泊しましたが

知ってしまった以上、壁紙だらけの室内では安眠もままならなかったので、
部屋の窓全開で寝ました。

耐久性を考慮し鉄筋コンクリートで旅館を建てるのはいいかもしれませんが、
僕たち夫婦が行って見て、行くならやっぱり木造の温泉宿のがよかっね。
というのが今回の結論でした。
お料理はそれなりに美味しかったんですが、壁紙に囲まれた和室では味も半減。

でも温泉は十分入ったし、何せ半額だったので不満は無いですけど、

これが鉄筋コンクリートではなく、木造の温泉宿だったら本当に良かったのになーと思ってしまいました。
まあ楽天半額セールだからまっいいかってなりましたが。

さてさて本題に入りましょう。

美味しい空気のお話しでしたね。

さて、今回のエコやbapbsb建築設計研究室の山田知平さんのお話しです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

室内の空気を汚染するものは、

匂い、蒸気、ホコリ、ダニ、カビなど、

生活上発生するものがあります。



おのおの解決しなければいけない汚染源ですが、

今回、私たちが危険視しているのは、

合成化学物質です。

工業的、化学的の合成された化学物質です。

天然由来のものは、除外して考えています。



自然素材のなかにも

天然由来の化学物質が存在します。

その危険性を指摘されたりもします。



人間は、その自然界の存在する危険なものについての

見極めを身を持って体得してきています。

ふぐを食べたり、山菜やキノコなどを採取し、

アク抜きなど、調理法により害を取り除くなど、

日本人が培ってきた知恵そのものです。



知恵の伝承を培ってきた民族ならば、

あえて危険な物を寄せ付けていないと思うのです。



この種のお話は、

特に、針葉樹についてのご意見が多いように思います。

では、スギは、どうでしょうか。

杉樽、杉桶、曲げわっぱ、箸、椀など、

食に関するものに、古くからスギは多用途に使われています。

これだけ身近で、普通に使われていると言うことは、

危険性が極めて低く、利用や使用に利点が認められる。

との、臨床実験を長年行ってきたと解釈できます。



ただ、過敏症やアレルギーのある方は、

充分に検証し相性のご確認を行ってください。



では、神社仏閣に訪れて、癒されるような感覚を覚えるでしょうか?

それは、鎮座されている神仏からだけではなく、

木や土や紙からなる空間から、うけるところも過分にあります。



エコやBAOBABの事務所へご来社される方の

ご感想は、「落ち着くね」、「気持ちいいね」、「寛ぐわ」

と、癒される感がたっぷりです。



合成化学物質ではなく、自然素材で構成された空間は、

心地や良く、生態的にも無理がないのです。

まさに、エコロジーです。

本当の新築のにおいを嗅いだことがありますか。

あなたの思っている新築のにおいは、

合成化学物質の複合汚染のから来る汚臭です。

(数多くのモデルハウスの臭いは本当の新築の臭いではないのです。)

本物の木の香りと土や漆喰の柔らかい感触を体感してみてください。


杉樽、杉桶、曲げわっぱ(※1)

杉樽仕込みの清酒、醤油。味噌桶、米櫃、弁当箱。

食物の周りで悪さをする微生物に抵抗性をほどほどに有し、

人に対して害を及ぼさないから、古くから使われているのです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
なるほど、自然素材で造られた室内がどれほど人の心を癒し、食べ物を美味しくして、居心地の良さを約束してくれてるのか、
今回の温泉宿旅行でよくわかりました。

窓を全開にしておかなければシックハウス症候群の心配があり。
かと言ってこの時期、窓開け放しではちと寒い。

窓を全開しながらエアコンを付けてました。

一番アホなケースですね。

ぜひ節電のお話しもよろしくお願いします。


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

あと節電のお話しにもなるんですね。



節電を心がけておられる方が
あの事故以降、多いことでしょう。
昨年の夏のお部屋の温度は、28℃設定されていましたか?

では、少しお話にお付き合い下さい。
厚生労働省は、ホルムアルデヒドの室内濃度指針を
0.08ppm以下と規定しています。(※1)
(ただし、この指針は25℃における換算です。)(※2)
お部屋の中のホルムアルデヒドの濃度がこれ以上だとダメといってます。

そして、みなさんご存知のF☆☆☆☆(※3)表示の建材は、
低ホルムアルデヒドだから安全です。と、言われ、
室内での使用が無制限に認められています。
これは、発散速度をあらわす区分で、
ゼロであるとか、ゼロに近いというものではありません。
ゆっくりとじわりじわり発散しています。と、言っているのです。
だから、24時間の換気を行うことが義務付けされているのです。

VOC全般に揮発量は、室内温度の上昇ととも上ります。
長い間、お留守だったお家だとか、
夏期に、締め切ったお家にご帰宅された時など、
お部屋のVOC濃度は、驚くほど高い数値を示します。

当社も、ホルムアルデヒドの濃度測定器を使い、
測定を何度も行っていますが、結果は予想を大きく上回ります。

そうです。25℃以上に室温がなると揮発量は増大しているのです。
このような状態で、お部屋が締め切った状態になると
住みながらにベイクアウト(※4)をしているような状態になります。

通風を得、涼をとる方が、危険はないと思われますが、
熱中症の心配もあります。
エアコンをご使用され、締め切ったお部屋で場合は、
室内温度の設定を熟考され、健康を第一にお暮らし下さい。

また、室内には、ホルムアルデヒドだけではなく、多くのVOC(※※)が存在します。
住宅を構成する建材は、もちろん、お住まいの方が、持込んだ、
家具、芳香剤や殺虫剤等も、原因となっています。

食事ならば、危険なものを食するくらいならば、
一食や二食抜いても平気ですし、
異常なものを食べた場合、吐くことも出来ます。
しかし、室内空気を拒絶することは出来ません。
また、吸込んだ空気は、肺から血中へ取り込まれ、
全身に送られて行くのです。これが、毒ガスの恐ろしさです。

食が大事なのは、私がいまさらご説明することでもないと思いますが、
それ以上に、空気は大切なのです。
おいしい空気が健康を育むのです。



室内濃度指針(※1)
http://www.nihs.go.jp/mhlw/chemical/situnai/hyou.html

25℃における換算(※2)
http://www.nihs.go.jp/mhlw/chemical/situnai/hyou.html
以前は、23℃換算だったような気もするのですが、・・・。

F☆☆☆☆(※3)
(F☆☆☆☆)の建材は、1時間に、1?当たりの面積から発散される
ホルムアルデヒドの量が、5μg(0.005mg)以下です。
発散速度は、気温上昇とともにあがります。

ベイクアウト(※4)
室内温度を人工的に30〜35度まで上げ、
化学物質の放出を加速させた後、換気を行う方法です。
繰り返しベイクアウトを行うことで、
シックハウスの元になる化学物質の量を短期間で減らしていく対処法です。

VOC(※※)
以前にご説明している用語


創業当時から、シックハウスへのご相談は尽きたことはございません。

私は、医者でも研究者でもありませんが、

今までのご相談の経験から、お手伝いできるところはしてまいりました。

かなり神経と労力を使うお仕事になります。

出来ないことは、最初からお伝えし、確かな結果が得れないこともご理解いただいております。



健康な方も、あえて危険な住まいに挑戦することは無いですよね。

安全な住まいのほうがいいに決ってます。

毎日のくつろぐ空間が安心できないなんて、悲しすぎますからね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー

シックハウス症候群、知ってしまうと原因物質はちまたに溢れています。

マンションやアパートなどの集合住宅で、
シックハウス症候群に対応した賃貸は、greenfingersエコアパートが全国初になります。

いろいろな方々からご意見をいただき、賛同の声も多くお寄せいただいています。

知ってしまった以上、健康に悪影響のある賃貸住宅を建てる訳にはいかない、と思っています。
(の)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM