私たちがアパートの建て替えを考えた時、「自分たちも住みたいと思うところ」を貸したいと思いました。
だから、自分たちが本当に好きなもの、信頼できるものだけでできあがったアパートが
春に完成しました。

家族が毎日帰る所、家。
あたたかくて、居心地のよい所、家。

kayagreenが造園業として、できることを考えた時、家庭菜園付きのエコアパートになりました。
● kayagreenナチュラルガーデンデザイン工房X天然住宅関西オフィスの共同プロジェクト

greenfingers 自然素材でつくるエコアパートprojectの建設地 → 兵庫県明石市大久保町大窪1126-2(ナビは1130-1)
JR大久保駅より徒歩10分

● 入居に関しての資料、プロジェクトの詳細を知りたい方はkayagreen_leaf@yahoo.co.jpまで
● 入居者募集の最新情報はこちら


エコアパート図面
※ 上図面は、建物1階部分です。アパートは各世帯メゾネットの2LDK59平米+畑13平米
⚫ 現在、3世帯のみ完成

住宅の断熱と自然素材について

greenfingersエコアパートの室内は自然素材でつくる予定です。
そして高断熱。
エコやbaobab
山田知平さんのお話しによると、

エコに生活するためには家の断熱をしっかりしましょう、という事になります。
もはや断熱は家づくりの常識ですが、
断熱をしっかりするという事は前述したシックハウス症候群の問題とも関係します。
室内の気密性が良い分、長期間に渡って化学物質に暴露しないように、室内は自然素材で無いとダメだという事になります。

アパートプロジェクトの初期に大手ハウスメーカーMホームさんにも室内を自然素材でという相談をした事がありました。
帰ってきた答えはデザイナーズマンションですね?という認識。
室内の化学物質暴露については考えていないのか、考えたくないのか、
大手ハウスメーカーのほとんどがそういう認識でした。

常識、ものづくりの根本が何処にあるのか、良い勉強になったと思っています。

無垢の杉板フローリング、漆喰壁など自然素材にこだわった内装。
室内が自然素材ならば遠慮なく断熱性能を上げて行るという事です。

自然素材、断熱についてはまた掲載して行きます。(の)


コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>
ホーム
kayagreenについて
greenfingersエコアパートプロジェクト
オープンガーデン&スタッフブログ
ふうよう
つちとヒト
リンク
twitter&Facebook

selected entries

categories

archives

recent comment

profile

search this site.

others

mobile

qrcode
みんなのブログポータル JUGEM